ギボシトート L(紺)

bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
bs-03
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:bs-03

ギボシトート L(紺)

ギボシトート L(紺)
¥16,740(税込)
数量

流行にとらわれず、じっくり使いたくなる定番デザイン

持ち手とバッグの口を留めるベルトが生み出す、矢印状のカタチが三つ。そのリズムがかわいらしく、倉敷帆布の中でも長く愛され続けている『ギボシトート』。持ち手の牛ヌメ革は、素朴な匂いや滑らかな手触りが特徴で、使用するごとに艶が出て味わいが増します。真鍮のギボシ金具を使用し、素材へのこだわりが光る、クラシカルで上品な雰囲気に。手間を惜しまず丁寧に作られたトートバッグは、倉敷帆布が自信をもっておすすめする逸品です。

本体サイズ:縦:約38cm
横:(上部)約48cm(下部)約35cm
マチ:約13cm 【A4サイズOK】
持ち手の長さ:約43cm(トップまでの高さ約18cm)
重量:約710g
カラー:紺

【素  材】倉敷帆布(6号綿帆布、コーマ糸、パラフィン加工) 牛ヌメ革
【生地生産】日本(岡山県倉敷市)
【縫  製】日本

ブランド名;倉敷帆布

その他特徴:内ポケット×3(内1つファスナー付き)

ご注意:お使いのディスプレイ、ブラウザによって、色目が実物と若干異なる場合がございます。

商品の特性(必ずお読みください)

<帆布生地について>
倉敷帆布の製品は、シャトル織機で織り上げた帆布ならではの独特な風合いがありますのでご理解の上お楽しみ下さい。
・糸のつなぎ目や織り段(横筋・糸節)が生じる場合があります。
・帆布の耳(セルヴィッジ)に、小さな凸や凹ができることがあります。
・日焼けによる色褪せ、雨・汗・摩擦による色落ちが起きる場合があります。

<皮革部分について>
・天然の革には、動物が元々持っている体表面の模様やシワ、傷や毛穴痕などが自然の刻印そのままに残されています。ご使用上問題はございませんので天然の革の特徴としてお楽しみ下さい。

お手入れについて

【普段のお手入れ】
乾いた布や毛先の柔らかいブラシなどで汚れを落としてください。汚れによっては白い消しゴムで軽くこすると落ちる場合もあります。強くこすると色落ちの原因になりますのでご注意下さい。
革部分は水に濡れると染みになる恐れがありますのでご注意下さい。水が付着した場合は放置せず、できるだけ速やかに拭き取って下さい。

【お洗濯】
汚れた場合は、早めにその部分を硬く絞った柔らかい布で優しく叩いて下さい。
汚れが気になる箇所は部分的に中性洗剤で叩き手洗いをして下さい。すすぎの際はなるべく擦らず押し洗いするようにすすぎ、形を整え通気性の良い場所で陰干しして下さい。脱水機はお避け下さい。
洗濯による縮み・色落ち・色移り・型崩れが生じることがありますので、ご了承の上でおこなって下さい。
(パラフィン加工商品や革を使用した商品、マグネットを使用した商品は特にお洗濯はお避け下さい)

【保管方法】
直射日光の当たる所や高温多湿の所は避け、風通しの良い日陰で保管して下さい。

倉敷帆布

1888年より伝統を紡ぎ、革新を織り続けてきた『倉敷帆布』。

その品質に大切な役割を果たすのが、130年以上受け継がれてきた高度な糸撚り技術です。綿100%の原糸数本を撚り合わせて生み出す、しなやかさと強さを併せ持つ糸は、職人の経験と感覚を頼りに、現在では希少な『シャトル織機』によって織り上げられ、セルヴィッジと呼ばれる美しく整った両端を持つ『倉敷帆布』へと生まれ変わります。

より厳格な旧JIS規格をいまなお守り、最高の技術力で織りなす最高品質。
綿花という自然の恵みと人の想いが育てた、ぬくもり溢れる一級帆布。
たくましく、やさしく、心に語りかけてくるような風合いは、丁寧に、大切に、手間を惜しまず、妥協せずに“本物”を追い求めた証しです。

そして、『倉敷帆布』はいつも考えます。
この類まれなる魅力は、もっと多くの価値を生み出す可能性に溢れている。
人々に求められ、愛される存在となるために、できることはもっとある、と。
だから、『倉敷帆布』はこれからも挑み続けます。

テキスタイルという枠を超え、アパレル分野はもちろん、
ファニチャーや雑貨、建築などあらゆる分野で、新しい価値を創造し続けます。